治りにくくて痛い顎ニキビが出来るのは○○のせい!?対処方法まとめ

ニキビがよく出来る場所ナンバー1と言っても過言ではない、
無意識に触ったりしやすいので、治りも遅いし目立つし痛いし…とにかく最悪ですよね。

そんな顎ニキビが出来る原因を知っていれば事前に防ぐことも出来ますし、出来てしまったニキビへの対処方法も知ればもう怖くないんです!

顎ニキビが出来る原因は大きく分けて3つ

なぜニキビができるのかというと、毛穴に皮脂が詰まってしまうから。
その中でも特に治りづらく出来やすい、顎ニキビの原因について調べてみました。

顎は汗腺が少ないのに皮脂腺が多い

顎ニキビが出来やすい理由は、顎周辺に汗腺が少ないのに皮脂腺が多くなっていることが大きく関係しています。
皮膚の水分不足を補おうとして皮脂分泌が過剰になってしまい、毛穴に皮脂が詰まってしまいます。

しかも、一度炎症が起こってしまうと治りづらく悪化しやすい!
自分で触ってしまったり、髪の毛が当たったりすることで、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうんです。

ホルモンバランスが乱れている

女性は生理のせいでホルモンバランスが乱れやすいですよね。
特に生理前に分泌される黄体ホルモンという物質は皮脂の分泌を活発にするという働きがあります。

黄体ホルモンがたくさん分泌される皮脂もたくさん分泌される

ということなんですね…

ストレス睡眠不足でもホルモンバランスは乱れてしまうので、大人になってからのほうがニキビが出来やすかったりするんです。

間違ったスキンケア

毛穴に皮脂が詰まってニキビが出来るなら、洗顔で落とせばいいじゃん!と思うかもしれないですが、洗いすぎは逆効果なんです。
洗顔で皮脂を落としすぎると肌が乾燥してしまい、皮膚を守るために過剰に皮脂が分泌されるという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、適度に皮脂を落とせるような保湿系の洗顔がオススメです。

関連記事:マナラ ホットクレンジングゲルで毛穴の汚れは落ちる?本当の口コミ

顎ニキビが出来たときはどうすればいい?

予防していても顎ニキビができてしまうときはもちろんありますので、気を付けた方がいいことをまとめました。

触らない

気になって触ったり、潰そうとすると雑菌が入って炎症が酷くなってしまうこともあります。
そのため、顎周辺は清潔に保って無駄に触らないようにしましょう。

コンシーラーで隠す

顎にニキビが出来てしまうと、目立ってしまって恥ずかしいですよね。
そんなときは、コンシーラーで隠すという人が多いと思いますが、緑色のコンシーラーを使うとニキビの赤みが隠しやすく、目立ちにくくすることができます!

肌色のコンシーラーしか持っていない人でも、コントロールカラーなどで代用できます。
持っていたら顎ニキビが気になる箇所に使ってみてください。

顎ニキビを早く治す方法はある?

一番は病院でニキビの薬を貰うことですが、忙しくて病院に行く暇もない!という方も多いでしょう。
そんな方のために、自宅で出来るニキビケア方法をご紹介します。

食生活に気をつける

偏った食生活を続けていると、栄養バランスが崩れて肌に悪影響を与えてしまいます。

肌トラブルが起きたときの回復速度にも直接関わってくるので、ビタミンB2が含まれる納豆やレバーなどを積極的に摂ったり、毎日は難しいのでサプリメントで補給したりすることをオススメします。

正しいスキンケア

メイク汚れや皮脂が残ったままだと、皮膚に細菌が繁殖する原因になることもあります。
そのため、洗い残しが無いように、しっかりと洗顔で洗い流すことが大切です。
洗い過ぎは逆効果なので、洗浄力が強すぎる洗顔料は控えた方が良いでしょう。

化粧水などで保湿することは必要ですが、顔を清潔に保つことは忘れないようにしましょう。

専門医に任せる

皮膚科にいくと、自分のニキビがどうしてできたのか教えてくれることもあります。
もちろん、症状に合わせて薬も処方してもらえるので、市販の薬を試すよりも早く治すことができます。

まとめ

顎ニキビは治りづらく再発しやすいニキビです。
一番は病院に行くことですが、生活習慣の改善やスキンケアの見直しで予防できるかもしれません。

普段から顎ニキビが出来やすくて困っているという方は、原因に合ったケアを心掛けてみるようにしてくださいね。