シミを薄くするハイドロキノンはお肌の漂白剤!美白効果は本物?

美白効果がとにかくスゴイといういハイドロキノン。
有名な美白成分の一つですが、他の美白成分との違いや成分の特徴について詳しく知らないまま使っているという方も多いですよね。

刺激が強いという噂もあるハイドロキノンですが、本当に美白に効果はあるのでしょうか?

ハイドロキノンって何?

ハイドロキノンは、シミができることを予防するだけではなく、できてしまったシミを薄くするという効果を兼ね揃えている、最強の美白成分です。

メラニンの素(もと)を抑える

美白有効成分として有名なビタミンC誘導体や、アルブチンには酵素チロシナーゼの働きを抑えるという働きがありますが、ハイドロキノンにも同じ効果があります。

酵素チロシナーゼというのは、紫外線を浴びた肌にできるチロシンというアミノ酸に働きかけてメラニンに変化する、いわゆるメラニンの素(もと)です。

このメラニンの素の働きを抑えることで、チロシンがメラニンに変化してシミになることを防ぎます

出来てしまったシミを薄くする

美白ケアをしたい人が求めていることは、今あるシミを薄くする方法なのではないでしょうか?

シミが剥がれるとか、シミが消えるとか、そんな美白化粧品の誇大広告に騙されたことのある方は多いと思いますが、ハイドロキノンはシミを薄くすることはできるんです。

メラニンを生成する力と、要らなくなったメラニンを外に排出する力のバランスがとても大切ですが、このバランスは加齢などによって崩れてきます。

排出されなかったメラニンが酸化すると、シミやくすみになってしまいます。

ハイドロキノンは、この酸化してしまったメラニンを薄くする「還元力」があるんです。
ビタミンCにもあるのですが、ハイドロキノンのほうが効果が強力と言われています。

ハイドロキノンを含む化粧品は少ない

ハイドロキノンは医薬部外品(※)ではなく、国から正式に美白有効成分として認められているわけではありません。
しかし、シミやくすみの改善効果は強力

なぜ、ハイドロキノンを使っている化粧品は少ないのでしょうか。

※医薬部外品とは:厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているものを指します。治療でなく、防止が目的。

酸化しやすく不安定

ハイドロキノンは、もともとは白い粉のようなものです。
酸化することで黄色く変色して、効果も減少してしまい、キノンという別の物質に変化するため肌に悪い影響をもたらしてしまう可能性があります。

化粧品に配合すると、購入後の管理方法については個々に任せることになってしまうので、一定以上の品質を維持することが難しいのです。

効きすぎるゆえに注意が必要

高濃度のハイドロキノンを長期的に使って、白斑になってしまったという報告もあるくらい、お肌の漂白剤としての効果は絶大です。
シミがとれても白斑ができてしまったら元も子もないので、医師の処方の上適切に使用する必要があります。

クリニックでは一般的に5%10%という2つの規格のハイドロキノンがよく使われており、症状に合わせて処方されています。

全体の1割の人はハイドロキノンが肌に合わず、使用を断念しているそうなので、副作用などもしっかり確認しながら治療を進める必要があります。

ハイドロキノンを含む化粧品

ハイドロキノンを配合している有名な化粧品は、以下のようなものがありますが全体的に少なめです。

  • アンプルール/ラクジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
  • Obagi(オバジ)/HQブライトニングナイトセラム
  • エピステーム/HQレーザークリア
  • ビーグレン/Qusomeホワイトクリーム1.9

もともとハイドロキノンは、病院で治療に使われていたものですが、規制緩和によって市販の化粧品にも使用されるようになりました。
しかし、日本ではハイドロキノンの濃度制限が無いため、配合率などをよく見て選ぶ必要があります。

安定型ハイドロキノンとは

最先端の技術で、扱いにくいハイドロキノンを安定させて酸化などが起こりづらくしてあるハイドロキノンのことを指します。
肌への刺激も低く、安定して使えるのが特徴的です。

安全性はどう?

配合率が高いほど肌への刺激も大きくなると考えてもらえると分かりやすいと思います。
いきなりハイドロキノン高配合の化粧品を使うと、肌に思いもよらぬ作用をもたらす可能性もありますので、はじめての方は1%前後の配合率の化粧品を選んでみましょう。

多すぎても少なすぎても、美白効果は期待できません
配合率が高いからと言って即効性があるわけではないので、気をつけて使用してください。

ハイドロキノン誘導体とは別物

ハイドロキノンと、ハイドロキノン誘導体は全くの別物です。
ハイドロキノンに似せて作られており、低刺激で安全性の高い物質です。

ハイドロキノンにはシミを薄くする効果がありますが、ハイドロキノン誘導体はこれからできるシミの予防が主な働きとなります。

そのため、化粧品を選ぶ際はその違いを理解しておく必要があります。

まとめ

ハイドロキノンの美白効果について調べてみたところ、今あるシミをどうにかしたい!という方は今すぐにでも使ったほうが良いものということが分かりました。

病院で処方してもらう他、ハイドロキノンを含む化粧品を購入してもOK。

まずは、自分に合った方法で試してみることをオススメします。