【実際に試して効果があった】乾燥肌が改善した3つの方法を教えます!

夕方になるとカサカサになって粉を吹くほどの乾燥肌を持つアラサーのchuですが、アトピー肌の宿命だと思って「肌質だから仕方ない」と諦めていました。

ほんの数週間前までは。

見直したのはやはりスキンケアです。

色々試して効果がなかった方法と、実際に効果があった方法をまとめてみたので参考にしてみてください。

“とりあえず保湿”は間違い?

乾燥肌にはとりあえず水分を与えたくなりますよね。
もちろん私も、保湿力の高そうな化粧水や美容液を片っ端から試しました。

でも全然肌が吸収してくれている感じがなくて、お風呂から上がってすぐに化粧水をつけてもしばらくするとカピカピになる事態が多発していました。

この化粧品は保湿力低いわ!」と使わなくなったものもいくつかありますが、原因は化粧品じゃなくて自分の肌なんでは…?と気づき始めました。

油分でフタをすることも大事

化粧水や美容液で肌に水分を与えるだけでは、すぐに蒸発してしまいます。
そのためには乳液やクリームなど油分が豊富なアイテムを使って肌に膜を張り、水分の蒸発を防ぐ必要があります。

肌を甘やかしすぎると…

保湿をやり過ぎると、それが無いと自ら潤うことができない弱い肌になってしまいます。
肌は元々自ら潤う力が備わっているので、すべてをスキンケアに頼らずに肌の力を底上げしてくれるようなケアを心掛けましょう。

肌の力を底上げするとは

肌の力を底上げって何?って思いますよね。
具体的には、肌の奥まで浸透して長い間肌の中に留まるような成分が入ったアイテムが好ましいです。
プラセンタコラーゲンなどの保湿力の高さが認められている成分がいいですね。

好きなもの=効くわけではない

一時期ほぼ毎日ニキビができてしまっていました。
おそらく保湿が足りずに皮脂が余分に分泌されていたのでしょう。

もう少し早く気づいていれば良かったのですが、このときは愛用している基礎化粧品が効いていると思い込んでいたし、もともとがニキビが出来やすい肌なので気にも留めていませんでした。

好きなものを使っていると効果を信じたいという気持ちもあるので、デメリットに気づきにくかったのだと思います。

自分の肌質を知っておくことが大切

自分の肌質を間違って理解していると、気づかないうちに肌に合わないものを使ってしまうということになりかねません。
私は乾燥肌なので保湿に気を付けていますが、オイリー肌の人が私と同じようなスキンケアをすると皮脂が過剰でニキビや肌荒れの原因になりかねません。

乾燥肌に効果があった3つの方法

効果があると信じて疑わなかったスキンケアを変えようと思ったきっかけは、いつまでも肌荒れが治らなかったためです。
私はもともと頬にニキビが多くできておりコンプレックスでしたが、皮膚科の薬に頼ってスキンケアを改善しようとしていませんでした。

そのためまず私が見直したのは基礎化粧品でした。

基礎化粧品の見直し

私の以前までのスキンケアの工程は以下です。

  1. オイルクレンジング
  2. 酵素洗顔
  3. 導入液
  4. パック
  5. 化粧水
  6. ヒルドイドソフト軟膏(アトピーの為皮膚科から処方。クリーム代わり)
  7. 皮膚科の薬

ご覧いただいたら分かるように、私のニキビは皮脂の落としすぎと保湿力不足が原因でした。
でも、好きな化粧品ばかり使っていたので「これは効果があるんだ!」と思い込んでしまっていたんです。
そのため、今のスキンケアになるまでにしばらくはニキビに悩まされました。

乾燥肌にオイルクレンジングはNG

オイルクレンジングはメイクがすぐ落ちるので便利ですが、乾燥肌には落とす力が強すぎてしまい、余分な皮脂を分泌させてしまう原因の一つになることも。
ポイントメイクにだけ使用しています。

私はオイルクレンジングから、より洗浄力の優しいミルククレンジングに変更したところ、洗いあがりがしっとりとなり、風呂上がり直後の肌の乾燥がマシになりました。

使用しているクレンジングは、パラドゥのスキンケアクレンジングという商品で、セブンイレブンなどで気軽に買えるのでおすすめです!

酵素洗顔は週2~3でいい

鼻の角栓が気になって仕方なくて、毎日酵素洗顔をしていた私の肌は常にピリついていました。
毎日の酵素洗顔はオススメしません。

化粧水は良いのを選んで損はない

化粧水とか何でもいいんじゃない?と思われがちですが、私は化粧水こそ肌を整える効果のあるものを使うべきと考えました。
そこで私は何を思ったか、奮発してSK-Ⅱの化粧水を購入しました。
さすが天下のSK-Ⅱ。
肌の水分と油分のバランスが整ったのか、使い初めて1週間ほどでニキビが大幅に減少して新たに出来にくくなりました。

化粧水は肌を整える役割があるので、肌本来のうるおう力を引き出すためにも少し良いものを購入しても良いのではないかと私は考えています。

メディヒールのパックが効いた!

これまではお米のマスクを使用していましたが、韓国のメディヒールというパックが良すぎて今はそれ以外使っていません。
個包装されていて衛生的にも良いし、薄くてフィット感のあるシートは美容液でひたひたになっているので潤いも補給できます。

ちなみに色々な種類があるのですが、ティーツリーという肌の炎症を抑えたりニキビを予防するタイプのパックが一番合っていたので、ティーツリーを使い続けています。

注意点として、3Dマスクを上から付けないと髪の毛がベタベタに顔に付くのと、15分以上放置すると乾いてきますので使用時間は守りましょう。

乳液は何でもOK

乳液のありなしでは肌の潤い状況が変わりますので、必ず使うようにしていますが、どの乳液を使っても特に問題なかったので家にある安いものを使用しています。

アンブリオスのクリームはオススメ

アンブリオスのクリームはかなり気に入っています。
これは限定のパッケージみたいで、現品とは別に30g入りのミニチューブ入りでした。
化粧下地にも使用できるので、大きい方はスキンケア、小さい方は化粧下地として使っています。

良いところはベタつかずサラっと伸びるのに薄膜で肌をコーティングしてくれる点です。
乾燥から肌を守ってくれるので、しっとりした状態で眠りにつくことができますし、メイク下地として使用すると潤いが逃げないので粉吹き防止になります。

付けすぎると逆に皮脂が浮いてくる感じがあったので、少なめに使うことをオススメします。

現在使っている基礎化粧品

色々と試行錯誤を重ねて出た結論はこちら。

左から

Diorのワンエッセンシャル ミストローション(ミスト状化粧水)、無印良品の導入化粧液、SK-Ⅱのフェイシャルトリートメントエッセンス、アンブリオスのモイスチャークリーム、ネイチャーコンクの薬用クリアローション(拭き取り化粧水)です。

  1. ミルククレンジング(ポイントメイクはオイルかリムーバーで落とす)
  2. 洗顔パウダー(週に1~2回は酵素洗顔)
  3. Diorのミスト化粧水(風呂上がりすぐの乾燥防止に)
  4. 無印の導入化粧液
  5. SK-Ⅱの化粧水
  6. メディヒールのパック
  7. 乳液(なんでもOK)
  8. アンブリオスのクリーム

※拭き取り化粧水は、朝洗顔料を使って洗顔をすることをやめて、水洗顔⇒拭き取り化粧水という使い方をしています。

このような順序でお手入れをしていますが、乾燥肌が大分改善されてきました。
一番効果を感じるのは、日中頬などがカサカサにならずもちもちしているというところです。

コスメの見直し

今使っているコスメについて、主にベースメイクを変更しました。
今まではリキッドファンデーションを使用していましたが、水分が多めのクッションファンデーションに変更しました。

下地に関しては今までと同じくポールアンドジョーのモイスチュアライジングプライマーを使用していますが、クッションファンデーションとも相性が良くて崩れにくいし潤いはキープできるしとにかく最高です。
また、Tゾーンは皮脂が出やすいのでインテグレートのパープル化粧下地エアフィールメーカーを使ってサラサラにしています。

お風呂でのひと手間

もう一つ心掛けたことは、洗顔の時間
1分以上は洗顔料を顔に乗せないということを心掛けてみました!

角栓が取りたくて長く洗顔をしていたこともありましたが、取れないので無視。
洗顔の時間を1分以内に抑えて、とにかく刺激を減らしました。

すると、小鼻の赤みやニキビの炎症も引き、顔のヒリつきも収まりました。
摩擦は極力減らしたいので、必ず泡立てネットで泡を立てて、直接手で擦らないように洗うことを心掛けています。

まとめ

私が乾燥肌を改善できた3つの方法を紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

  • 基礎化粧品を見直す
  • コスメ(ベースメイク)を見直す
  • 洗顔は1分以内に

かなり単純なことでしたが、特に基礎化粧品やコスメに関して効果を期待するあまり実際に自分の肌がどうなっているか、というところまで目がいかない場合あるので、まずは冷静に自分の肌と向き合ってみましょう。